• おすすめコスメ
  • かゆみ対策虎の巻
  • アトピーウォーズ
  • アトピーの仕組み
  • ステロイドを理解する
  • ストレス対策
  • produced by 漢方煎じ薬の医王堂薬局
  • supported by dakkyuu.com

アトピトップ>かゆみ対策虎の巻>漢方薬は効くでしょうか?

漢方薬は効くでしょうか?

はたして漢方薬はアトピー性皮膚炎やかゆみに対して効果があるのか?

yakumi.jpg

自分は間違いなく効果があると思います。東洋医学は呪いでも迷信でもありません。漢方薬は立派な医学に基づいた医薬品です。実際に自分も経験していますし、アトピー性皮膚炎や蕁麻疹や、湿疹などのかゆみの患者さんに服用していただいて、じゅうぶん手ごたえがあるからです。しかしそれも100%ではありません。

アトピー性皮膚炎や湿疹などの痒い病気は、他の病気よりも特に「気持ち」「考え方」が深く関係しているように思います。ほとんどの病気が「気持ち」、要するに精神的なことが関係しますが、かゆみの病気は特に深いでしょう。

こういう理由で、ちゃんとお会いして、じっくり話をして処方を考える事が大事なのです。病気に原因がない事などありません。必ず理由があるはずです。

患者さんと話していて、この人は「神経質すぎて」とか、昔「いじめ」にあってその頃の事がトラウマになっているとか、会社での「ストレス」だとか、女性であれば「生理不順や生理痛」要するに「血液の汚れ」だとか、「更年期」だとか、「お腹や呼吸器が弱い」「下痢や便秘がち」だとか、皮膚と関連した症状があれば、それらに目標を定めていけばきっと良くなるからです。

精神的なことや、神経質、アレルギー(異物に対する過剰反応・拒否反応)などは鎮静や、緊張を緩める処方を使えば、リラックスできるし、かゆみも減るでしょう。

生理関係の婦人科、血液の汚れの症状であれば、まず処方で血液を浄化していけば、へんな熱や火照り感がへればかゆみも楽になるでしょう。

便秘や下痢も粘膜のトラブルですので、お腹を温めたりしてバランスをとれば粘膜が丈夫になり、皮膚もしっかりしてくるでしょう。

ただ、こういう原因や理由が、はっきりせずにわかりにくい人が、なかにはいらっしゃいます。そういう方は処方を選ぶのが難しくなるので、良くなるにも時間がかかります。なんとか早く楽になって頂きたいのですが。。痒い病気は難しいものです。


ご意見・ご感想などお聞かせください。