• おすすめコスメ
  • かゆみ対策虎の巻
  • アトピーウォーズ
  • アトピーの仕組み
  • ステロイドを理解する
  • ストレス対策
  • produced by 漢方煎じ薬の医王堂薬局
  • supported by dakkyuu.com

アトピトップ>ステロイドを理解する>ステロイドってなんでしょう?

ステロイドってなんでしょう?

まず初めにこの原稿はいつも一緒に勉強してる、光栄堂薬局の堀川先生にお手伝いいただきました。有難うございます。

腎臓の上にある副腎皮質と呼ばれる部分の細胞から産生され、全身に分泌されているホルモンの事で、副腎皮質ホルモン、又は副腎皮質ステロイドとも呼ばれ、略してステロイドと呼ばれています。 
  
ステロイドは、体に肉体的ストレス(感染・発熱・日焼け・過激な運動など)が加わった時に、新陳代謝を
高め体を早く元の状態に戻す助けをする働きがあります。特に傷や火傷などによる障害、感染症や異物(抗原となる物)が体に入って来た時など、体は外から入ってきた異物を外に出そうとしたり(免疫反応)、異物や傷などの障害によって侵されてしまった自分の細胞を、殺してお掃除する機構(炎症反応)を起こします。この機構(防御反応)の調節がうまく行かなくて暴走してしまうと、正常な細胞も巻き込んで傷つけてしまったり、アレルギーを起こすのです。

これらの防御反応を暴走させないようにコントロールするのがステロイド剤の役割です。上記の防御反応は、ほとんどの場合、不要な細胞を食べ(貪食)お掃除する為に白血球が病巣部に集まって炎症反応を引き起こします。強い炎症反応が起きると、腫れや痛み、ひどくなると発熱や全身症状などを伴う場合もあります。

そこで、ステロイド剤の働きは、強い炎症反応を抑える4つの働きを持っています。

ステロイドの働き

1. 『血管収縮作用』
2. 『抗炎症作用』
3. 『免疫抑制作用』
4. 『細胞増殖抑制作用』


ご意見・ご感想などお聞かせください。