• おすすめコスメ
  • かゆみ対策虎の巻
  • アトピーウォーズ
  • アトピーの仕組み
  • ステロイドを理解する
  • ストレス対策
  • produced by 漢方煎じ薬の医王堂薬局
  • supported by dakkyuu.com

アトピトップ>アトピーの仕組み>アトピーになりにくい身体を作る「鍛錬」

アトピーになりにくい身体を作る「鍛錬」

漢方の先輩の方々が、みなさん口をそろえておっしゃる事は、「健康を維持したり、病気を治すには努力が必要ですよ。」と。

その努力とは、「食養生と節食」「鍛錬」です。

「お薬を飲めば治る。」「お医者にかかれば治る。」東洋医学では病気になったのは、自分の行いと考えます。病気を治すのはただでさえ大変なのに、お薬や人任せだけではなおさら治るのに時間がかかるでしょう。

医療者の役割とは、病人が治したいという気持ちに応えて、専門家としていかにお手伝いできるかという事と考えています。

「食養生と節食」に関しては「食養生と節食が大事」にも書いてありますので、そちらをご覧になってください。そしてもう一つの大事なことが「鍛錬」です。

「鍛錬」は激しく鍛えるという事でなく、程よく身体を動かす、「いい汗をかいて体の中の風通しを良くする」ということです。痒みはこもった熱が原因のことも多くあります。

症状がひどい人は、無理してはいけませんが、少しでも動きたいとか、外に出たいと思うようになってきたら、体調が良くなってきている証拠です。もとに戻らないように、少しずつ身体を動かし始めてください。そしてそれを続けることです。「継続は力なり」続けると気持ちのよい汗を、だんだん早くかくようになってくるはずです。これは続けた人にしかわかりません。良くなってきたら、もうアトピーが出てこないように、身体を作りましょう。

歩くだけでも、縄跳びでも、ハイキングでも、自転車でも、サーフィンでも、普通のスポーツでもなんでも良いと思います。なるべく自然のなかでの運動が良いですが、最も重要なのはいかに気持ちのよい汗をかくか。気持ちのよい、楽しい時間をつくれるか。を目標にされると良いでしょう。ストレス発散になります。

汗のかき始めは痒いかもしれません。痒い人は室内の運動ですと、風邪が無いため汗がすぐに乾かず痒いこともあるでしょう。日焼けに注意しながら出来るだけ室外で汗をかくほうがよいでしょう。しかし運動を続けるとサラッとした汗をかけるようになるはずです。

これらが出来ると、目標や楽しみができ、それによって生活が「充実」し、生き生きとしてきます。嫌な事を忘れられる時間も増え、しかも仕事も集中できるようになります。

ちょうど自然環境について話題になっていますので、なるべく文明の力は使わずに自分と地球の健康と節約のために身体を動かしましょう。


ご意見・ご感想などお聞かせください。